忍者ブログ

生まれたときから崖っぷち、 力尽きたら落ちるだけ

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の思い出
私の実家はさらに田舎にある。

昔は家と畑と藪と廃墟しかない所だった。


まだ小学生にもなっていない時、父親が一本のカセットを聴かせた。
父親は音楽好きで機械いじりも好きな人で、オーディオを一式揃え、スピーカーも当時は自作だった。


なぜ聴かせようということになったのかわからないが、そのときに聴いてえらく記憶に残っているのが、
山本リンダの「ねらいうち」とベンチャーズの「ダイヤモンドヘッド」だった。

この2曲は、当時幼児向けの歌しか歌ったり、聴いたりしていなかった私の度肝を抜いた。
とくに「ねらいうち」は、最初から「うらら うらら」しか歌っていないのである。
普通の歌はなにかちゃんと言葉になっているのに、それがない。聴いたことない、全く意味のない「うらら うらら」を連発されては、小学生にもなっていない純朴な子供はただとまどうばかりである。

そしてベンチャーズの「ダイヤモンドヘッド」である。あのギターのフレーズを聴いて、こんな音があるのかとちょっと腰を抜かしかけた記憶がある。

何年か前に初めてMY WAY MY LOVEの音源を聴いた時も、同じ感覚を味わった。
「なんじゃこりゃー」と思いながら、口をぽかーんとした覚えがある。

多分、「ロック」はこういうのをいうのだ。
今まで聴いたことない音を聴いてぽかんとして「なんじゃこりゃー」となる。
その衝撃は一生忘れることなく、そのぽかんとされた音を聴く。
一回ぽかんとされたらあとの祭りで、離れられなくなってしまう。

なので、私は今でも音源を手に入れて聴く。
ライブにも行く。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
りんぐ
性別:
女性
自己紹介:
九州の最南端でひっそりと生息中
九州各地のライブハウスにひょっこり出現
まれに関東とか関西とか中国地方にも行く
主に出現するのはSR HALLとかCAPARVO
こんな文書いてますが、一応、女です(爆)
今、何時?
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索
Copyright ©  -- 青々と萌える頃 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]