忍者ブログ

生まれたときから崖っぷち、 力尽きたら落ちるだけ

カテゴリー「DOES」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1ヶ月前のライブレポ書くんじゃないというツッコミは受け付けない(笑)。
 
客さんは30人もいないくらい。
ワンマンなのにすごい少ない。
そんな状態でライブスタート。
 
ワタルさんは白シャツに黒のカーディガン。
ヤスさんはチェックシャツ。
ケーサクさんは帽子取ってて、ラグランTシャツ
 
※セットリスト
戯れ男
サブタレニアンベイビーブルース
 
ワタルさんがハープを用意したので、「あ、サブタレニアンだ」と思う。ワタルさんが「サブタレニアンベイビーブルース」って言い方が悪戯っぽく聞こえた。この曲は間奏のハープが好き。それからコーラスの「おーおー」も。DOESの曲はコーラスを効果的に使っている。
 
シンクロニズム
 
ここでも間奏のドラムのドンドコぶりとギターの音があまりにも合いすぎる。DOESの曲を聴くとき、特に間奏を聴くと何か情景が浮かぶ。うまく言えないが、ドラマを感じるっていうか。
 
地下鉄曲
 
1stの中でもダントツに好きな曲にも関わらず、イントロのベース聴いても「これなんだけ?」とすっかり忘れていた自分。ワタルさんが「普通の路線で~」と歌いだして初めて、「地下鉄曲だー!!」となるも手遅れ(笑)。この曲は歌っている時の歌詞の区切り方が好きだ。間奏のコーラスも。最後にフェードアウトするように「あーうー」と歌うワタルさん。これが聴けただけでこのライブに来て良かったと思う。
 
愛が見えた
ウォークマン
 
NEWアルバムから全然曲しないなと思っていたら、たぶんここらあたりで暑くなったのだろう、ワタルさんがカーディガン脱いで、シャツの袖をまくりあげる。そしてMC。
 
W「・・・メンバー紹介しようか?ギター&ボーカルの氏原ワタルです」
Y「ベースの赤塚ヤスシです」
K「ドラムのケーサクです。何度も言うけど、鹿児島出身だからね」
3人3様の九州訛りが良かった(笑)
W「最近、ロックに勢いがなくなっているていうのを聞くけど、そんなことないと思うんだよね。・・・なんていうか、まあ、俺は俺なりのロックを鳴らしていこうと思ってんだけど。」(此処でフロアから拍手)
眠れない夜
シンドローム
ハッピーエンド
ランプシェード
チャイナマーダー
バスに乗って
 
この曲の前にMC。
「ライブの前にバスに乗ろうとしたけれど、どっかに行って迷いそうで、やめた。代わりに市電に乗った。そそる街ですわ」
 
オーライとオーイエ
赤いサンデー
 
ステージが赤い照明のなかで「赤いサンデー」と歌い始めるワタルさん。3人が夕暮れの中にたたずんでいるようなイメージが浮かぶ。
 
ワイティングロード
色恋歌
 
これは2ndの中で一番好きな曲。歌と演奏の独特の間がいい。
ここからは怒涛のセットリストで圧巻。本当にかっこよかった。
 
ロストワールド
三月
修羅
 
アンコール発生して比較的早く出てきてくれたメンバー達。
W「メジャーの前に、ちょっとした音源出したんだけど、その中からステンレスという曲をやります」
 
en
ステンレス
明日は来るのか
 
この曲はすごい曲だと思う。どれだけすごいかって言うと、イントロのギターの「ガガッ」って音だけで曲が分かるから。これは「男はつらいよ」のテーマ曲が「チャー」となっただけでそれと分かるレベルのすごさ。しかもサビの「つまんなーい」や「たまんなーい」の歌詞とワタルさんのちょっと肩を抜いたような、てろっとしているような(?)声があまりにも合いすぎ。この曲はワタルさんしか歌えない、まさに名曲。
 
en2
曇天
 
W「新曲やります。春のころに出せると思う」
勢いと疾走感があって、DOESらしさもある感じ。CDでじっくり聴いてみたい。
 
正直、こんな良いバンドでいいライブしてくれたのに、お客さんが少なすぎた。なんでだろう?知名度がここでは低すぎるのか?アンテナにひっかからないのか?分からん。
PR
DOES Tour ~NEWOLD SCHOOL~
 
※URYBOE
 
1、距離感が大事
2、損得(仮)
3、逃げる
4、偽者が歩く
5、アンバランス
 
メンバーに頼んで書いてもらった。2曲目は忘れたから、あくまでも仮ってことで
仕事が押していて、実は聞いたのは3曲目から。
ライブパフォーマンスがなかなか格好いい、経験を積んで、ギターがもっと上手になればもっと格好よくなれるかも。
個人的には4曲目が好みだったので、メンバーに伝えた。
機会があればまた見よう。
 
     The Technora
 
1、              パードンミー
2、              B.J.D(ブラックジョークダンス)
3、              ヘルカワESP
4、              Japop
5、              フィーリング
6、              Kdkw
 
これもメンバーに頼んだら、セットリストをくれた、ありがとう。
それにしても、不思議な曲名だらけ(笑)
鳴らす音は私好みで大変よろしい。最初に見たときと比べて、ずいぶん熱いステージになってきた。次はHIGH VOLTAGEのライブで。
 
     Lubic cave house
 
セットリスト頼むの忘れた・・・。今日もドラムはバッシンバッシンと叩いていた。こちらは、迫力がかなりでてきた。今持っている音源からはほとんどやらなかった。新曲なのか、それとも音源化していないだけなのか。また音源出してほしいな。
 
     DOES
 前の2人はすっごい細い、顔小さい・・・。
 
 でも、実際に見ると格好よかった。特にギター&ボーカルのワタルさんは写真で見るより10倍も男前で、惚れ惚れしながらステージを見ていた。で、ベースのヤス君は首をよく振るためか、ずっと髪を食っている状態(笑)
 
 4曲目の前に「鹿児島って地下鉄ある?」て聞いてから「地下鉄曲」をやってくれた。個人的には一番好きな曲なので、やってくれてすごい嬉しかった。ワタルさんは鉄道が好きに違いない。アルバムでも鉄道の単語が出てくるもの。
 
 全国各地を回って、やっと九州に来れたのが嬉しかったのか、ワタルさんはかなりリラックスしていたようで、「鹿児島はいい人ばかりだから」とか「あー俺かなりほのぼのしているわ」とか。
 
 途中でケーサク君を紹介。ケーサク君「奄美出身です、皆、奄美をバカにしているでしょ?」それはただの僻みだっ(笑)そしたら前の女の子が「わたし、奄美です!!」そこからいきなり2人でローカル話をしようとするので、ワタルさんが「それはライブの後にやれ!!」と(笑)
 
 本編最後の「シネテリエ」ではサビのまえに「あ!ごめん!」と中断。ヤス君が「だよね!?」といったので、「何だ?」思ったら、「チューニング間違えた」と、どんだけほのぼのしているんだ(笑)「鹿児島優しいから許してくれるよ。鹿児島だからって手抜きしているわけじゃないよ!!」(笑)と言いながらチューニング。
 
 アンコールは新曲の「3月」。3月21日にリリースされるそう。疾走感があっていい感じ。このシングルの3曲目は「ダンス・イン・ザ・ムーン・ライト」をTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシさんがリミックスしてくれたそう。同じ九州出身のよしみなのかな。
 
ほのぼのした雰囲気のいいライブだった。「また来るね」と言ってくださったので、私もまた来ます。
 
SET RIST
 
1、ウォークマン
2、明日は来るのか
3、田舎のライダー
4、地下鉄曲
5、愛が見えた
6、ロストワールド
7、雨の日曜日
8、恋愛の状態
9、シネテリエ
en
3月
 

10月10日のSRであったDOESとANAのツアーレポです
地元のバンド合わせて4バンドの出演でした

※The Technora
曲は悪くないのだが、なんだかまだライブ慣れしていない感じがした
メンバー同士話してばかりで、MCはちゃんとしゃべって欲しかった

※monoclaft
Gt.&Vo.が女の子の3ピースバンドだが、3人とも独特の雰囲気があって個性的
特にGt.&Vo.の和花子ちゃんは、髪が長くてふわっとしたウェーブで眼鏡で
佇まいからして、すでに異彩を放っている(笑)まだ20歳だそうで
バンドの音は、テンポがゆるくてじっくり聴かせるタイプで
和花子ちゃんの高めの声がよく合っている
MCはドラムの古市君の役目みたいで、ぼそぼそっと一句ずつ区切る話し方
ベースの小寺君は2曲ほどヴォーカルをしていた
最後の歌が「弧を描く」をずっと繰り返す歌でとても印象に残った
終始、言い表せないけどなんだか心地よい雰囲気に包まれたライブだった

※ANA
セッティングから、大きな機材が運ばれてくる
どこかの雑誌で、渋谷系でサンプリングを使うらしい
ライブは色々な音が出ていたが、以外に轟音だった
最後に3人揃って、腕組みしたボーズが決まっていて、かっこよかった

※DOES
曲はシングル「明日は来るのか」から4曲とあと、さらに前に曲を何曲か
紆余曲折あって、メジャーに来たらしい
曲を聴いた時点では大人しめな感じだったが、ライブでは音がうねっていてよくなった
6~7曲やって終了、ベースが持っていたタオルを投げて私の前に落ちたので反射的に拾う
鹿と穴ツアータオルだった、良い記念になった(笑)アルバム楽しみだ

終了後、アンケートを書いてそれぞれ提出、DOESのところはインディー時代の音源は売ってなかった、残念

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
りんぐ
性別:
女性
自己紹介:
九州の最南端でひっそりと生息中
九州各地のライブハウスにひょっこり出現
まれに関東とか関西とか中国地方にも行く
主に出現するのはSR HALLとかCAPARVO
こんな文書いてますが、一応、女です(爆)
今、何時?
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索
Copyright ©  -- 青々と萌える頃 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]