忍者ブログ

生まれたときから崖っぷち、 力尽きたら落ちるだけ

カテゴリー「椿屋四重奏」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近の椿屋は何かおかしい。今年になってから、こんな思いをずっと引きずっていた。

新しいアルバムを聴いても、ツアーが決まっても、何か気持ちが軽くならない。
今度のライブは行かないことにしていた。
そうしたら、昨日のライブのことを知った。


瞬間、私の中で切れた音がした。決定的に切れた。


あいつらに見下り半つきつめる勢いで、宣言してやる。

今のままでは、武道館公演など夢のまた夢じゃ。
下ネタでへらへらすんな。
出だし間違えてへらへらすんな。

精神的に向上心の無い奴は馬鹿だ

PR
今頃になって、椿屋四重奏のライブ、「熱視線」の感想を書いてみる。

セトリ

ぬけがら
終列車
群青
導火線
crazy about you
恋わずらい
サイレンス
プロローグ
砂の薔薇
トーキョーイミテーション
硝子玉
新曲
紫陽花
MUDABONE
クリーチャーラバー
アンブレラ
螺旋階段
空中分解
風の行方
君無しじゃいられない

一箇所目ということもあって、予備知識がまったく無かったため、前半は曲が始まるたびにびっくりした。それで曲が始まるたびに、びっくり→びっくりしたまま曲が終わる、の繰り返しで十二分に楽しんでいるとは言えない状況(あくまで私が)
それでも、このバンドはやっぱり大きいライブハウスのほうが似合うなーと思った。鹿児島でもまた早く、CAPARVOのほうで見たいです。
メンバーも良く中田君にいじられてた(爆)。やっちんは「あなたとは違うんです!!」っていわされていたし、たかしげは「うぉーーー!!」と両手を挙げてシャウトしてた。良ちんは・・・忘れた(爆)

中田君も出だしを間違えることなく(笑)、曲ごとにびしっと決まっててステージもフロアも盛り上がった、良いライブだった。


ここから先は、批判的な内容が含まれているので別にします。



・・・つづく・・・

椿屋四重奏の今年のツアー、「CITY OF SILVER」の鹿児島SR HALLに行ってきた。メジャー前は上のCAPARVO HALLだったのだが、そこはやっぱり大人の事情があったみたいで(笑)。
でもSR HALLはステージが低いので、フロアが詰まるとまったく見えなくなってしまう。できたら、またCAPARVOでやってほしいなと勝手に思う。

去年のライブでは、ステージの狭さにちょっと慣れてなくて動きがぎこちなかったけど、今日のライブは中田君の動きが全然違う。(とはいっても、8割は中田君しか見てなかった;笑)

MCで「帰ってきたよー!!」という中田君に一番前のファンが「裕二さん、これ」と言って、ぐるぐるキャンディーを渡され、苦笑。「あとで舐めます」と、とりあえず後ろのドリンクと一緒に置く。

最初のMCは良ちんのうっかりぶりが槍玉に挙げられていた。ホテルに眼鏡とおにぎり忘れたとか、今日もトイレにスティック忘れたとか(笑)。中田君の物まねがうまいんだ、これが(笑)。恥ずかしそうにタオルで顔を隠す良ちん。それを更に「一反木綿だ」と中田君に言われる始末で、顔真っ赤にしながら「もう次の曲行こうよ!!」と。ちょっとかわいい(笑)

それで、次のMC.中田君が「もう、本当に鹿児島大好きでさー。食べ物何でもおいしいね。ラーメン、黒豚、芋焼酎、かすたどん」と本当に好きなんですね、嬉しいです。それから「鹿児島弁ってさ、よく分からないじゃない?あれって、幕末に他の藩の人に聞き取れないように暗号化したものなんだよね」と博学ぶりをアピール。へぇーとなるフロア。

それから「世界のキモタク」のコーナー。ツアー記念すべき30本目ということで、ツアー名紹介の時もキモくなっていたやっちん、「3の倍数でキモくなります」とキモ芸を披露。そのまま、「マイ・レボリューション」へ突入するも、サビ前でとちってしまう中田君(笑)。フロアもまあ、しょうがないかという雰囲気で、まえより気合いれて、最前列の女の子に触られながら、曲スタート。しかし!また同じところでとちる中田君!マイ・レボリューション、まさかまさかのTAKE3!!さすがにフロアも大ブーイング!!(爆)それを受けて背中を丸めて小さーくなる中田君(笑)。しかも「キモタクがキモイせいだ」とぬかす。人のせいにするんじゃない!(爆)だけど、「アドリブで適当に歌ってればいいんだよ」とアドバイスするやっちん。大人だ・・・、なんて優しいんだ・・・。

そんなこんなで、若干はらはらモードの中でTAKE3スタート。同じところを今度はなんとか歌いきり、曲の途中にも関わらず、ほっとした空気が流れる(笑)。

そんな失敗を吹っ切るかのように、「トワ」を歌い終わったあとは「今のすっげー良かった。今までで一番かも」と自画自賛する中田君。

それから、「たかしげ喋ってー」というフロアに、「お前、何か言えよ」とたかしげに振る中田君。たかしげ「ええ!?俺!?」と明らかにとまどいの顔。しかし、フロアは何を喋ってくれるのか、期待の空気で充満(笑)。困りに困ったたかしげ、両手あげて「いえーーーー!!!」と絶叫。フロアもメンバーも大爆笑。

次にやっちんに「誰も喋って言わないな」と言いながらも、やっちんに振る中田君。やっちん、待ってましたとばかりに赤いタオルを首にかけ、「キモイですかーーー!!!」と絶叫。「いかにキモくなるか・・・キモい、キモいです、キモい時、キモければ、キモれーーーー!!!」このあと、フロアから「キモー、キモー」と声がかかる(笑)。

最後の「不時着」の前中田君がに「本当にね、鹿児島大好きなの。それからね、鹿児島の女の子って好みの子が多いんだよね」と内緒話みたいに照れて話す中田君。喜ぶフロア。

「不時着」聴きながら、こんなに楽しい椿屋のライブは初めてだったし、お客さんも盛り上がってたし、メンバーも楽しそうだったし、私は何度も歌って踊る中田君を見ながら「最高!最高じゃないか!!」と心の中で叫んでいた。

アンコールでは、「『アシンメトリー』という曲をします」と言った後のフロアの反応があまりにも無さすぎて、床にうつぶせになる中田君。「なんかもっと反応しろよ」とちょっとご機嫌ななめになる(笑)。

最後に「君無しじゃいられない」でアンコール終了。「愛しているよ!!」と叫んで帰っていくが、もちろんWアンコール発生。でも途中や最後で咳をしていたから、中田君はもう歌えないかもと思いながらも、Wアンコールは終わってくれそうにないので、中田君登場。「もう、発作で咳が出て歌えないから。ごめんね」と言ってくれた。こちらも無理強いしてごめんなさい。

今まで見た中で最高のライブだった。ライブの楽しさを存分に味わった時間だった。
また鹿児島来てね。

セットリスト(うろ覚え)

OUT OF THE WORLD
トーキョーイミテーション
舌足らず
手つかずの世界
恋わずらい
I SHADOW
LOVE2HATE
ランブル
パニック
マイ・レボリューション
踊り子
ジャーニー
playroom
小春日和
トワ
螺旋階段
LOVERS
幻惑
不時着

en
アシンメトリー
君無しじゃいられない


今日は椿屋四重奏、代表取締役の中田祐二さんのお誕生日、おめでとう。

えー・・・27歳・・・だっけ?(おいおい:笑)

色々な困難や喜びを乗り越えて素敵な一年になりますように。

春っていいね。
キャンペーンで中田君とたかしげ君が来鹿したときのラジオ出演の一回目の文字お越しです。
遅筆で時間がかかりそうなんで、とりあえず前半だけです。

個人的には、レコーディング中はずっとフランスパンを食べていたというのがツボでした(笑)。

2月18日、後半追記

※FRIENDS FM
~OPEN TERRACE~
DJ:福元ゆみ
13時28分頃出演

・・・つづく・・・

SOUND PLANETの「音楽と人」のチャンネルで聴いた。

最初は「?」な印象だったのに、段々「これはいいよ」となってきた。なんともするめな曲。
それから「パニック」は椿屋らしいROCKな曲でこれもまたかなりいい感じ。

シングルもだけど、早くアルバムも聴きたいなー。楽しみだ。
LOVER
幻惑
群青
成れの果て
恋わずらい
MUDABONE
共犯
熱病
moonlight
小春日和
プロローグ
踊り子
トーキョーイミテーション
不時着
マイレボリューション
螺旋階段
サイレンス
君無しじゃいられない
en
紫陽花
空中分解

中田君が「帰ってきたばい」と言ってから、ずっと熊本弁のまんまでMC(笑)
「××っとるから」とか「いかせてやる!」とか、うーん・・・(苦笑)。

やっぱり椿屋は広い所でのライブが似合う、と再確認。
メンバー(特に中田君)もやりやすそうだった。
なにより、見に来ていたお客さんたちも去年よりも盛り上がってた。
楽しかったなー。
今回の九州ツアーはどこも盛り上がったようで、良かった。
約1年ぶりの椿屋のライブに行ってきました。
 SR HALLは「CAPARVO」という名前のビルの7階にあって、収容数は200人くらい。一番上の8階はCAPARVO HALLで収容人数は450人くらいという、上2階がライブハウスという構造になっています。
 毎年1月にある「volcano」は上下行ったり来たりして、お目当てのバンドを見に行きます。
 なので、両方になにか予定が入ってたりすると、下手したら開場待ちで並ぶ非常階段が大変なことになります。この日はまさにそんな日で、CAPARVO HALLではビーグルとブッチャーズが出るイベントがあって、階段は混んでました。開場時間が30分ずれていたので、ぎゅうぎゅうにはならなかったのが幸いでした。
 それから両方とも初めてきた人が多かったみたいでした。でも、客層がずいぶん違っていて面白いでした。CAPARVOに来る人は10代、20代で男女率半分なのが、SR HALLは10代~30代、明らかに50代の方もいました。男女率も2対8という感じ。

レポはいつものように、セットリストとMCを交えてです。

・・・つづく・・・

  
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
りんぐ
性別:
女性
自己紹介:
九州の最南端でひっそりと生息中
九州各地のライブハウスにひょっこり出現
まれに関東とか関西とか中国地方にも行く
主に出現するのはSR HALLとかCAPARVO
こんな文書いてますが、一応、女です(爆)
今、何時?
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索
Copyright ©  -- 青々と萌える頃 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]