忍者ブログ

生まれたときから崖っぷち、 力尽きたら落ちるだけ

カテゴリー「Art-school」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木下君は、短い方が似合う。 しっかし、いい感じにくたびれたおっさんになったな~。
PR
HPでこの発表を聞いた時は、もうひたすら

「なんで?」


という言葉しか浮かばなかった。

1期の時のメンバーが抜けることになっても唯一「やめない」って言ってたのではないか。
そのおかげで、今もArtがあるんじないのか。

鹿児島でArtのライブが見れたのも、櫻井さんがやめなかったからじゃないか。

なんで、今になって脱退するのよ!?

納得がいかないんですけど。

櫻井さんのいないArtのライブなんて、見たくないよ。見れる自信がないよ。

心がもやもやする。
今まで見たArt-schoolのライブの中で一番素晴らしいライブでした。お客さんも多かったし、盛り上がってたみたいです。

地元が段々盛り上がってきているのはとても嬉しいです。

対バンしたOGRE YOU ASSHOLEも噂通りの中毒性のある強烈に個性的なバンドでした。

開場してから、一人で来たという両隣の方々と色々お話して楽しかったです。

セットリストを含めたレポは続きをどうぞ

・・・つづく・・・

戸高君が結婚するとブログで発表。

おめでとうございます。
でもその前に自分の事を悪く書いてる。

幸せではないの?
今日はArt-schoolのVo.木下理樹さんの29回目の誕生日です。

おめでとうございます。

ツアー中なので、体調に気をつけてください。酒を飲み過ぎないように(笑)

11月のライブ、楽しみにしております。

いつかはKARENのライブにも行きます。
ほぼ定刻とおりにライブスタート。
最初に木下君、馬を被って登場。とりあえず、歓声にまぎれて「お馬さーん」と呼びかけてみる(爆)

序盤は、若干曲の順番が変わっていた程度、盛り上がりも予想よりおとなしい。後ろからの押しも全くなし。

今回の木下君のMCは終始、宮崎あおいの結婚についてでした。
「俺の宮崎あおいが結婚して・・・」
「彼女を見たのは、99年頃の「害虫」という映画で、俺はこの人と結婚するんだと思いました。」

彼女そのとき、14歳くらいだね。ロリコンだ(爆)

途中でアコースティックになり、「影待ち」「ダニーボーイ」の2曲。

それから「Flora」タイムで「IN THE BLUE」「Piano」「Nowhere land」「Mary Barker」「THIS IS YOUR MUSIC」

最後は「サッドマシーン」から怒涛の流れで、最後の「あと10秒で」でスペシャルゲストにドーピングパンダのロックスターが登場。なんとか歌ってくれた。

アンコールは「SWAN DIVE」「BOY MEETS GIRL」「FADE TO BLACK」
Wアンコールは「しとやかな獣」
さらにトリプルも発生、答えてくれるのは嬉しいが・・・ほぼやけくそ気味に「車輪の下」だった。

終了後は木下君が私服を自ら売っていた。欲しかったけどお金がないのでやめた。

また、秋に来るそうなので心まちにしておこう。
今回のツアーはゲストにランクヘッドを迎えていた。

15分ほど押して、ライブスタート。初のランクヘッド。異常に熱い。雰囲気がじゃなくて、空気そのもの。汗かきな私はすでに汗だくになった。後で知ったけど、ランクヘッドはわざと空調を何もしないらしい。どうりで。
印象としては、切ない系のメロディで、ボーカルが熱唱しているという感じ。アート目当てが多かったけど、みんな結構盛り上がった。

今日も人数が本当に少ない。埋まっているのは前2列だけであとは後ろでまったり見る人がちらほら。
約30人・・・orz・・・なんだかアートのメンバーに申し訳ない気がする。

今度はアート。さっきと違って拍手のみの静かな出迎え。みんな!さっきの元気はどこ行ったんだ!(爆)

「羽根」でスタートしたけど、なんだか音がかみ合わないようなかんじ。セッティングの時ベースが若干トラブっていたせいか。だけど、「RAIN SONG」の後半からだんだん音がかみ合ってきた。

それにしてもフロアはなんであんなに静かなのか・・・木下君のぼそっと「ありがとう」に拍手。そんな繰り返し。
MCはほとんどなし。最初の木下君の一言が「照明もう少し暗くしてください」だった。
それから「こんばんは、Art-schoolです」でも拍手のみ。で、また「照明、中間くらいにしてください」そして、「こんばんは」を繰り返して、「ふっ」と謎の鼻笑い。木下君、なんかどこかおかしいの?

個人的にベストだったのは「APART」。イントロから迫力満点。もともと好きな曲だから、これは本当に良かった。「いつまでこんな歌、うたってんだ」と歌詞が変更。もっと幸せな歌が歌いたいのだろうか?

「Piano」の前で曲紹介。「この歌は別れた彼女が夢に出てきて、振られるって歌・・・そうだな・・・前の彼女が夢に出てきた歌です」なおさらこの曲が沁みた。泣いている女の子もいた。

「楽しかった、ありがとう」で「あと10秒で」で本編終了。
アンコールで木下君がカメラ持って、フロアを撮る。鹿児島の客の少なさを撮っておきたいのか?
「お前ら静かだな、本当に静かだな」と言っていた。まったくそのとおりです。(謝)

しかししかし、なんと初のWアンコールが発生!やったーと心の中で叫びつつ、出てくるメンバー。
「久しぶりにやる」と「斜陽」
「9月にまた来る」と言っていたけど、私はもう感極まって「また来てね!!」と去っていくメンバーに。

押していたせいか、曲がやや少なめだったけど、よかった。
ライブ後、物販で缶バッチを買ってぼーとしていたら、木下君がなぜか馬をかぶって出てくる。それをすばやく見て、バカ受けする私。だけど周りは無反応。カメラにもばっちり収まっていた。くくく。

今度のライブはもう少し盛り上がるようにしますね。待ってます。

定刻より、10分程遅れてライブスタート

客が前へと押し寄せてきて押される私はそれだけで「押されている!」と感激

メンバーの服装は、木下君はツアーグッズの「Missing」Tシャツに茶色のカーディガン戸高君は、黒の半そでシャツ、宇野ちゃんは緑の「テュペロ・ハニー」Tシャツ桜井さんは、黒のTシャツ、下は全然覚えていない(笑)

一曲目は「Missing」でスタート、フロアはすでにノリノリ状態で私、二度目の感激

さらに二曲目にいく前に木下君が「イエーーーイ!!」と絶叫してから始まったのが「水の中のナイフ」、フロアはさらに熱くなる

今日の木下君は、体調は絶好調の様子、声が今まで一番良く出ている

MC「今日は、来てくれてありがとう」「こんばんは、Art-schoolです、2月にアルバムが出るんですが、マネージャーが告知しろというので、ツアーがありましたて、7月に渋谷公会堂でやります(拍手)CC.Lemonホールで、って誰がつけたんだ(笑)」 「これから新曲やります」

で、始まったのが「テュペロ・ハニー」フリージアからの流れで、なんとなく悟ったような感じがする歌詞。

 「次にやる曲は、アルバムに入るのですがソロ時代の曲です『SWAN DIVE』」どこかの国にある湖の名前だと日記に書いてあった、切ない曲調

「刺青」で戸高君が、かなり激しい動きでギターを弾いていて、終わり頃には倒れこみ、ひっくり返ってもなお弾いていたこの曲にはなんか激しく思い入れでもあるのだろうか?(笑)

激しい曲がどんどん続く、前のほうはもう、かなりの汗だく状態だ(もち私も;爆) 「羽根」、「APART」、「I hate myself」をやってくれて、本当に嬉しかった是非ともライブで聴きたかったのだ、もう感激だ

「今日は本当にありがとう、あと4曲だけど終わりにはここら辺にダイブすると思うんで」という発言、かなりびっくり、なんてアグレッシブな発言なんだ!!(笑)

 サッド・マシーン、UNDER MY SKIN、ロリータキルズミー、あと10秒で、と続いた後木下君、本当にダイブする(爆)

最初はギター持ったまんまだったらしいすぐにステージに戻るが、今度はギターなしで飛び込む

なんだけど、私が見た限りでは飛び込むというより何かにつまづいて転んでしまったという感じで(爆)

遠目からだと、床に落下した模様、かなりもみくちゃにされているだろうな(笑)ようやっとステージに戻った、なんかふらふらになりながら去っていった(笑)

 アンコールは弾き語りからまずは「プールサイド」それから次は決めていなかったようで、戸高君と「それは愛じゃない」を確認しあう弾き語りは初めてだけどすごい良かった、地方でもやって欲しい(懇願)

あと3曲やって、アンコール終了、だけど客は帰らない、2度目のアンコール メンバー登場、木下君、若干よろよろしながらガッツポーズ、いまいちさまになっていない(爆)「今日は全力を出しました」という木下君に拍手

始まったのが「ニーナの為に」イントロ聞いた時点で、「わぁーーー!!」な気持ちに 2時間以上、体を動かしまくりでへとへとのはずが全然疲れた感じがしない(爆)ドーパミンが出て、ランナーズハイ状態なのだろうか?

サビの部分で、周りはわりと静かなのに一人拳を振ってノリノリ状態最後の最後まで、盛り上がりまくりだった もう、本当に来てよかった、我ながら無謀過ぎると思ったが、完全に燃え尽きた(爆)

ありがとう、Art-school、またツアーも見に行くので(爆)

  
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
りんぐ
性別:
女性
自己紹介:
九州の最南端でひっそりと生息中
九州各地のライブハウスにひょっこり出現
まれに関東とか関西とか中国地方にも行く
主に出現するのはSR HALLとかCAPARVO
こんな文書いてますが、一応、女です(爆)
今、何時?
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索
Copyright ©  -- 青々と萌える頃 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]