忍者ブログ

生まれたときから崖っぷち、 力尽きたら落ちるだけ

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超今更に熱視線
今頃になって、椿屋四重奏のライブ、「熱視線」の感想を書いてみる。

セトリ

ぬけがら
終列車
群青
導火線
crazy about you
恋わずらい
サイレンス
プロローグ
砂の薔薇
トーキョーイミテーション
硝子玉
新曲
紫陽花
MUDABONE
クリーチャーラバー
アンブレラ
螺旋階段
空中分解
風の行方
君無しじゃいられない

一箇所目ということもあって、予備知識がまったく無かったため、前半は曲が始まるたびにびっくりした。それで曲が始まるたびに、びっくり→びっくりしたまま曲が終わる、の繰り返しで十二分に楽しんでいるとは言えない状況(あくまで私が)
それでも、このバンドはやっぱり大きいライブハウスのほうが似合うなーと思った。鹿児島でもまた早く、CAPARVOのほうで見たいです。
メンバーも良く中田君にいじられてた(爆)。やっちんは「あなたとは違うんです!!」っていわされていたし、たかしげは「うぉーーー!!」と両手を挙げてシャウトしてた。良ちんは・・・忘れた(爆)

中田君も出だしを間違えることなく(笑)、曲ごとにびしっと決まっててステージもフロアも盛り上がった、良いライブだった。


ここから先は、批判的な内容が含まれているので別にします。




ライブ前のアナウンス、ライブが終わった時の中田君の「今夜のことは秘密にしてね」という台詞。
テーマが「シークレットルーム」ということもあって、ライブ中のブログもあんまり内容が書かれていなかった。

「熱視線」が終わったあとの中田君のブログにも「ネタバレなしのほうが楽しめたでしょ?」という内容の記事があった。確かにネットで調べれば、どこの会場のセトリやどんな事があったかは分かる世の中だ。中田君がこういう風潮を嫌がっているのはなんとなく、分かる。


しかし、敢えて書くが「バンド側からネタバレ禁止を強要する」のはありなのか?
ネタバレOKな私としては、どうにも「分かるんだけど・・・でも」という気持ちがある。正直、腑に落ちないのだ。

でも、中にはやっぱり「ネタバレ」を嫌がる人もいるし、mixiの方の日記ではメモ代わりに普通に書いてしまう時もあるから、これからは気をつけようと思う。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
りんぐ
性別:
女性
自己紹介:
九州の最南端でひっそりと生息中
九州各地のライブハウスにひょっこり出現
まれに関東とか関西とか中国地方にも行く
主に出現するのはSR HALLとかCAPARVO
こんな文書いてますが、一応、女です(爆)
今、何時?
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索
Copyright ©  -- 青々と萌える頃 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]